神様のおかげで金運が良くなった話

a4cce3ba807abcb2a5910096da18f604_s

55歳の独身男性です。

金運が良くなったという話は良く耳にします。私も半信半疑でしたが、信心をすることによって懐具合が良くなったということは現実に有りました。ですからその時の話をさせていただきます。

私の両親は特定の宗教の信者ではありませんでしたが、独特の宗教観からか、寺社仏閣廻りが好きでよくあちこちへ出かけていました。私も幼い頃から必然それに同伴して、実に様々な寺院・神社を参拝しましたが、あれは四国の有名な神社での出来事でした。

長い石段を登って見下ろす風景は格別で、冬晴れの空の下、うららかな陽が満ち溢れています。正月休みの参拝客で境内はごった返し、活気に満ちていました。人混みに疲れた私は少し離れた場所で休息していましたが、そこで一枚の硬貨を拾いました。

何の気なしにポケットに入れてそこから立ち去ろうとした瞬間に私は見事に転んだのです。全くの平地だったのに。これではいけない。罰が当たったんだ。そう考えた私はそのお金を近くの神様を祀った賽銭箱へ入れ、さらにジュース代に取っておいた分も加えて一心不乱に祈りました。どうかこれでお許し下さいと。痛む脚をハンカチで押さえ、私を探していた両親と共にその日は下山しました。

擦り剥いた膝の傷も癒えた頃、思わぬ入金がありました。子供にとっては相当な金額です。思わずあの時の事が頭に浮かびました。神様、有難うございます。その年は不思議と大金ではありませんでしたが、小遣いには不自由しないくらいの金運に恵まれました。

今思い返すと、小さな額でもお詫びの心が神様に通じたのでしょう。それからも私はお金に困っても不思議と救われて来た思いがあります。十分では無いにせよ、生きて来られたことに感謝しています。

両親の金運については微妙な所でしたが。まあ、それもまた神様のおぼしめしなのでしょう。

カテゴリー: 借金 パーマリンク